トップ > 企業情報 > 沿革

沿革

昭和32年 株式会社三越の全額出資により株式会社協力舎として創業。
三越各店舗の装飾営繕業務及び清掃業務を全面的に受託。
昭和47年 三越ビルサービス株式会社に社名変更。
一般の商業施設等における建設請負、店舗内装、装飾工事の設計、管理を受託。
平成8年 三越ビルサービス株式会社の業務と、株式会社三越の警備、設備業務を移管し株式会社三越総合ビル管理を設立。翌年、事業開始。
平成11年 全国ネットワーク化に向け、仙台・札幌に営業所を開設。
平成12年 高松・松山・広島・大阪(のちに閉鎖)・福岡に営業所を開設。
平成14年 株式会社三越製作所と合併し、さらに株式会社三越の建装部門が移管され、株式会社三越環境サービスに社名変更。
平成18年3月 株式会社三越環境デザインに社名変更。株式会社三越環境ビル管理(現:当社)を設立。
平成18年9月 株式会社三越環境デザインの施設管理部門が株式会社三越環境ビル管理に移管され、新会社として事業開始。
平成22年2月 株式会社三越伊勢丹ホールディングスの持分法適用会社となり、アイング株式会社の出資を受け、アインググループ傘下に入る。
平成22年4月 アインググループ内の業務再編の一環として、札幌丸井今井、函館丸井今井のビルメンテナンス業務が移管される。同時に札幌丸井今井事業部、函館営業所を開設。
平成22年7月 アインググループ内の業務再編の一環として、新潟三越のビルメンテナンス業務が移管される。同時に新潟営業所を開設。
平成27年7月 株式会社アイム環境ビル管理に社名変更。